富山のソウルフードを満喫

昨日は家族で富山まで出掛けて映画を見てきた。

映画を観たあと富山へ来たとあれば寿司なのだが、例によって「すし玉」で食べてしまった。相変わらずの美味しさでその後も買い物などしたのだが、今日はもうひとつ富山の名物店に行くことにしていた。

「もつ煮込みうどん」の「糸庄」さんだ。

というのもバナナマンの日村さんがすし玉と糸庄に来た回の再放送が先日テレビでやっていて、それを見た嫁さんが行ってみたいと言い出したのだ。

自分もずいぶん前(10年以上前じゃないかな)に何回か来たことはあるのだが、その頃に嫁さんに行こうと言っても全然動かなかったのに、TVには感化されやすい家族には困ったものだ。

それはさておき10年以上振りの糸庄さんは....

まず店に入って券売機制になっていた!

以前はメニューも何があるのかよく判らなくてしかも店のおばちゃんが「何にする?」と聞いてくれるのだが何頼めばいいのか良く判らずにオタオタしていると「煮込みでいいかね」とメニュー決めてくれるくらい慌ただしい感じだったのが、今ではとても静かだ。

しかも昔の「カチャッコ」「カチャコン」という音がしない。そう、今ではフタがないのだ。この音のこと知ってる人は今でも居るだろうけど、「調理する音」だったのだよね。

店の中はコの字型のカウンターになっていて、その前に鍋を置くコンロがずらーっと並んでいる。そこで煮込んでいるのだけど、奥の配膳台に土鍋が敷き詰められておりそこにおばちゃんがうどんを入れ、具材を入れ、そして特製の出汁がでかい鍋から柄杓で注がれ、それが次々とコンロに掛けられるという段取りだった。

そこまでは今でも一緒なのだが、昔はそこにフタが全部掛けられていて、メガネのおっちゃんがフタを取って煮え具合を確認するのだが、そのフタを取った後フタでもってうどんをカチョカチョと混ぜていた。そしてまたフタをするという一連の動きの中で先の音が響き渡っていたのであり、またこの一連の動作がおっちゃん踊っているようにも見え、楽しかったのだった。今でもタマゴ入りはフタ掛けしているようだが、フタでガツガツと混ぜる光景はあまり見られない。

ただしこの動作、かつてのおっちゃんの体力を相当消耗させていたのは間違いなく、それゆえ世代交代とともにその辺りの動きが少なくなったのかも知れない。

しかもその「混ぜ」作業が少なくなった分、底のところが少し焦げが発生するので、その部分は「うーん」と考えてしまうところだ。

それで現在のうどんの仕上がり状態がこれ。

あれっ、昔に比べ仕上がりが綺麗な感じになってる。

そりゃそうか。昔はフタで返して混ぜていたので普通に家で作る煮込みうどんみたく混ぜ混ぜ状態だったのが、今では後乗せトッピングみたいになっている。

もう1点変わったところがあって、昔はえび天のちっちゃいのが2~3個入っていたのが、今では立派なえび天1本乗せに変わっている。嫁さんが「えび天入り頼んでないよ」と言ったくらいだ。でも何か得した気分になれるのはいい話かもしれない。ちなみにえび天入りを頼むと2本載せになるようだ。

しかし客が多くてバタバタしてるのは相変わらずのようで、自分が頼んだ「卵入り」には最初卵入ってなくて、おばちゃんに「タマゴ入ってないよ」と言うと「あれっ、ゴメンゴメン」と一旦戻されてしまった。待つこと2分、帰って来たらちゃんとタマゴ入ってました。

ちなみに中に入っているのはあの「氷見うどん」だそうだ。地元の名品を使っているというのも嬉しい。それゆえ富山のソウルフードとして人気なのだろう。

うどんを食べて暖かくなったところで帰りには店の向かいにあるお土産部門に寄り「もつ煮」をお土産に買い、糸庄特製ソフトクリームも食べてから家路に就いたのでした。

 

贅沢な楽しみ - 紅茶の魅力と喜び

紅茶をよく飲むという話を書いていたら、紅茶のセットが贈られてきた。

なんとルピシアのアンニヴェール30。うげっ、こんな高価なものを!

これは申し訳ないなと思いながらも、頂いたものはなんとも嬉しい。紅茶も生ものであるので、賞味期限の切れる前においしく頂かなくてはならない。

毎日の楽しみができました。

そういえばルピシア製品というと何か使ってたような、と探してみたらばありました。

ルイボスの有機テイーバックがまだ残っていた。

そんな訳で在庫と頂き物を交互に飲んでいるところ。

頂いたものの中でもルイボスをベースとしたフレーバーティーが結構ある。味見しながら比較するのも楽しいね。

ちなみにルピシア製品には100種セットもあったりする。どんだけ種類があるんだいと突っ込み入れたくなるくらいだが、その多様性もよいね。

でも普段飛驒の山奥に住んでいながら、世界各国から集められたお茶をこんな手軽に楽しむことができるなど、ほんと贅沢だね。ありがたやありがたや。

手作りチャイでプロの味に挑戦!

自分はよく紅茶を飲む方だと思っている。

まあコーヒーも平日だと1~2杯は飲むのだが、紅茶は朝夕ごはんの時に飲むしその間にもお菓子食べたりする時など紅茶を飲むので日に2~3杯は飲んでいると思う。

そんな訳で、台所には写真のように紅茶が並んでいる。

で、寒いこの季節、今日は節分で明日は立春なのだがまだまだ寒い。

寒い時期の紅茶と言えばジンジャーティーもいいのだけど、我が家ではチャイの出番が多い。

以前は高山にある業務用食品のアミカでマサラチャイを置いていて、よく買っていたのだが、一昨年くらいから売れ行きが悪かったのか置かれなくなってしまった。

そんな訳でたまに富山へ行った時にKALDIで買ったりしていたところ、去年から地元にスパイス屋さんが出来たので、そこのマサラチャイを使うようになった。

このマサラチャイ、とても良く出来ていて美味しいのだけどやはり問題はその価格。

この商品のレベルを安定して供給し続けるにはやむを得ない価格であることは重々承知しているのだが、観光で土産として買って飲むのには良いにしても日常ガブガブと飲もうとするとやはり懐が心許ない。

そこではたと思い出したのが、例のアミカで購入できなくなった時に自分で作ろうとしてスパイスをいくつか買ってあったのだった。

がさごそ探して出てきたのが、シナモンとカルダモン。賞味期限切れていたのでこれはもうチャイにして自家消費するしかない!

それで第一の目標としてはスパイス屋さんの味を再現することなのだが、さてラベルを見ると、アッサム茶、シナモン、カルダモン、ジンジャー、クローブ、ブラックペッパー、オレンジピールフェンネルスターアニスとあった。やはり高価なチャイだけあって思ったより沢山の種類を使っている。

しかし田舎とは言え、高山の街まで行けば大体は手に入りそうなものだったので、早速残りの材料を仕入れに行った。アッサム茶は手持ちのCTCがある。

結果、オレンジピール以外は揃った。このためオレンジピールの代わりとして花椒(山椒)を使うことにした。

それで問題はその配合に秘密がある。

ネットの情報などからざっくりと試作第1号を作ってみた。結果は・・

うん、普通に美味しいチャイだな。味としてはいいのだけどちょっと全体的にパンチが足りないのとジンジャーがやや強めの感じ。

次回はプロの味に一歩でも近づきたい。

 

メカばかの自分が選んだスマホとは

ちょっと事情があって私用の携帯を更新することとなった。

今まで仕事用ではスマホ使うこともあったのだが、個人の物としてはガラケからガラホをずっと使い続けて来た。しかし最近は何かにつけLINEのグループで連絡などやることが多くて、使っていたガラホでLINEが使えなくなった時、自分だけ別の手段で連絡しなければならないなどあり申し訳ないなと思ってはいた。

それが今やガラホですら使っている人は断然少なくなってしまった。やはりいくら通信費が安くても、便利なものにはお金かけてもいいという世の中になってしまったのだろう。

それと今まで自分がガラケ・ガラホにしていた理由はもうひとつあった。個人的な話ではあるのだけどホームページやこのブログなど見ている人には感づいている人もあるかと思うけど、自分は結構物事に拘りやすいというか物事に夢中になりやすい性格であるため、危険な世界に行ってしまわないよう自制する意味からもそうしていたのだ。

しかし今回その箍が外れてしまってその結果が・・・

まあ予想どおりと言えばそうなんでしょうが、SONY Xperia 1MarkⅤですね。

MarkⅣも悪くはなかったんでしょうが、ネットでの評価はいまひとつだったと思うのだけど、MarkⅤになってずいぶん改良されたようです。

iPhone15proもいいとは思うのだけどzeissレンズ推しの自分としてはまあ順当な選択だったと思います。ちなみに比較すると15promaxは別格として15proとの比較では、

寸法・重量    1MarkⅤがちょい縦長(17mm長い)、幅・重量ほぼ同じ

ディスプレイ   サイズ・解像度は1MarkⅤが大きく・高い

外装色      15proが4色、1MarkⅤが3色だが互いに違う色目がある

CPU       15proが6コア、1MarkⅤが8コア

         ベンチマークでは15proが約1.3倍処理性能高い

メモリ      15proが8GB、1MarkⅤが12GB

ストレージ    15proが128GB~1TB、1MarkⅤが256/512GB

マイクロSD           15proは非対応、1MarkⅤはSDXC1TBまで対応

カメラ      15proは13/24/77mm3倍光学ズーム、ToF 3D LiDAR付

         1MarkⅤは16/24/85-125光学1/3.5~5.2倍ズームzeissT*

バッテリ     15proが3,274mAh、1MarkⅤが5,000mAh

                               双方ワイヤレス対応でポートもUSB-Cで同じ

ネットワーク   双方4G/LTE、5G、WiFiBluetooth対応

生体認証     15proは顔認証付き、1MarkⅤは指紋認証付き

防水防塵     双方IP68

イヤホンジャック 15proは非対応、1MarkⅤは対応

といった感じ。双方いいとこ悪いとこ凸凹していて、もうこれは趣味の世界・好き嫌いの話なのだと思う。

で実際導入したはいいけれどやはり懸念材料としては、

やっぱり物理キーが好き。乾燥肌のためタッチパネルがうまく動かずイライラ。スイッチも合わせ押しなど結構多く上手く押せずいらいら。機能がありすぎて使いこなせていない。などなど。

→うーんこれは1MarkⅤだからと言うよりスマホ全般の話ですな。

まあ慣れろと言われるのでしょうが、さてはてどうなることやら。

      

 

 

地震終息と被災地に平穏な暮らしが戻ることを願う

正月早々大規模な地震災害が起きてしまった。

被災地では懸命な救援活動が繰り広げられているが、生存率が急激に低下すると言われている72時間を過ぎた今も200人を超える不明者が居られる現状。一人でも多く逃げていてほしい、連絡が付いていないだけであってほしい。

救援・支援の輪も拡がっているが、道路や港湾の破損もありまずは人材・資機材の投入が必要であるのに、思うように支援進められないのはもどかしいと皆思っているだろう。

地形的にも半島というところやもともと風光明媚なところだけあって山岳森林地帯というところ、倒木や土砂崩れなど交通が断絶しており現在も孤立している地区は多い。支援物資などが早く届きますように。

病院通いの身ではなかなか協力できることも少ないが、せめて支援に行く人のバックアップ、自分自身ほかの人に負担増やさないような生活をしようと思っている。

早く地震が終息して被災地の方にも平穏な暮らしが戻ってくることを願っている。

 

雪の日の鬱状態と大切な一瞬

今年初めてというか本格的に雪が積もった。

朝起きてみると屋根には30cmくらい積もっていたのだが、既に夜中の時点で20cmは積もっていることがは判っていた。

というのも夜、除雪車が作業している音が聞こえたからだ。

除雪車は普通の人が朝車に乗って出掛ける前に除雪を終わらせるように作業を始めている。ありがたいことだ。

雪が道路にあると当然車は走りにくくなるので移動するにも時間が掛かる。よって通勤など時間が決まっていることには早めに家を出なければならないことになる。

しかしながら皆考えることは一緒。結局はある程度の渋滞は覚悟しなければならない。

尤も自分は渋滞を避けるためさらに早い時間帯に家を出るようにしている。

さてこの雪の降った日は普段の景色も違って見える。このように日がな毎日同じような生活パターンで暮らしていても一日一日同じ日はない。この一瞬というのはまたやってくることはない。そう考えるとこの毎日を一瞬を大切にしなければならないなと思う。

ちょっと感傷的になってしまったけれど冬は雪に閉じ込められることから鬱状態になる人が多い季節でもある。じっとしているだけでストレスが溜まるからだろう。そう考えると動物などが冬眠するように冬はよく寝るというのは精神衛生上もいいのかもしれない。

といいながらちょっと予定があって家を出た。

待合室で待っていると、いつもの中庭の像に目が留まった。

おお、いつもの婦人像なのだが帽子とショールを纏っているようではないか。

雪の日ならではの景色ではあった。

この時期の鴨せいろは最強蕎麦。地元ならではの知られざる店がいい

今日は朝から予防接種受けに行ったり買い物に行ったりと忙しかったのだが、昼ご飯途中の道の駅か何処かで食べようかという話になった。

朝から出ていた霧(山上から見れば綺麗な雲海)が取れて、笠ヶ岳穂高岳乗鞍岳などが見える道を行くと昔JAの販売所だった所が蕎麦屋さんとなっている店の前を通り過ぎようとした時、「営業中」の看板が出ていた。

思わず蕎麦もいいかなと相談が成立し、車取って返して蕎麦屋さんに入った。

実はこの蕎麦屋「そば処すごう」というお店なのだが、まぼろしの店とも言われている。というのも営業日が基本木曜日~日曜日(冬期は土日のみ)とされているのだが、実際の処は金曜日~日曜日がベースで金曜日も休みの場合がある。しかも土日であってもその日の分終了で早じまいとか都合が悪くて臨時休業とか、ほんとにタイミング良く開いてる時が少ないんですね。

なのでこの辺りの事情を知っている人が来たり、たまたま通りかかった人がたまたま入るイメージで、待ちの行列などもない。

しかし蕎麦の出来映えはこの辺りでもぴかいちのものだ。へんに上品ぶってしまった街の名店よりも蕎麦って本来こういうもんだよねえと思える雰囲気のあるお店。

ただこのような普段使いの店も有名になってしまうと客が押し寄せることとなり、地元民としてはなかなか気軽に行きづらくなってしまう。せめて有名になってしまう前に食いだめしとくのがいいかな。

今日は鴨せいろをいただきました。蕎麦は新そばかつ地元産。有名になってしまうと地元産だけでは供給しきれなくなるので規模的にも今のままがいいのじゃないかと思う。

山菜の天ぷらやキノコも地元産であるため季節限定となっているのが潔い。

今回の鴨も地元産だろうか。聞いてみればよかった。何せ普通鴨せいろと言っても合鴨ロースを使用している処がほとんどなのだが今日のは合鴨ぽくなかったので本物の鴨だったかも。肉自体もよそだと3切れくらい入っているだけだがいろんな形や部位のものががっつり入っていてすごい。

そば茶やそば湯も美味しく、つゆも全部使ってしまいました。

こんな感じで満足して店を出ました。いい一日でした。